バイアグラの効果・副作用

バイアグラの効果・副作用

バイアグラとは、世界で最初に販売されたED治療薬です。元々は狭心症の治療薬として開発されましたが、男性のEDに効果がある事がわかり、ED治療薬として開発された経緯があります。それまでEDに対して効果のある治療薬はなかった為、「夢の薬」として瞬く間に世界中の男性の人気の薬となりました。

バイアグラの効果

バイアグラは服用してから30分から1時間ほどで効果が出るとされています。バイアグラは、レビトラシアリスと比較して、最も硬くなるという方が多い治療薬です。効果には個人差がありますのでレビトラの方が強い効果を感じるという方もいらっしゃいますが、よりはっきりした効果がほしい方にはバイアグラがお勧めです。持続時間は5~6時間とされています。

また、バイアグラは食事の影響を受け易いという特徴があります。食後に服用しては効果が殆ど得られませんので、空腹時に服用するようにしましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラは血管に作用する薬ですので、多くの方に副作用が現れるとされています。特に多いのが顔のほてり、目の充血、鼻づまり、頭痛などです。それ以外にめまい、動悸などがある場合があり、ごく稀にものが青く見えたり、視界が青みがかかって見える視覚異常が起こる場合があります。

いずれも軽度のものとされ、薬の効果が切れれば副作用も消失します。ただし、めまい、動悸などの症状がひどかったり、視覚異常があらわれた場合は車の運転や危険な場所での作業は控えましょう。万が一副作用が長引いたり症状が辛い場合はすぐに医師に相談して下さい。

バイアグラの飲み方

バイアグラは空腹時に1回1錠、水やぬるま湯などで服用します。空腹時でなければ効果が得られない事が多いので気をつけましょう。ただし、薬が体内に吸収された後であれば食事をしても問題ないとされています。吸収されたかどうかわかりやすいのは副作用です。副作用の症状があらわれたら吸収されたという事になるので、その後なら食事をしても構いません。服用に慣れている方はこのような服用方法も覚えておけば便利です。なお、お酒と一緒に飲む事もあまりよくないとされています。できるだけ控えましょう。

また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースとの併用も、副作用が強く出てしまう危険があるため避けた方がいいとされています。服用がわかっている場合は、できれば前日から控えましょう。

1回の服用は1錠までです。次に飲む場合は24時間以上経ってからにして下さい。バイアグラは正しく服用すれば危険な事はない安全なお薬ですが、用量を守らず服用すると、重篤な健康被害の危険があります。絶対にやめましょう。

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

バイアグラは海外では数多くのジェネリックが販売されていますが、中でも人気なのがカマグラです。カマグラは錠剤以外にもゼリータイプ、チュアブルタイプ、発砲錠タイプなど様々なものがあります。錠剤が苦手な方や水なしで服用したいという方はこのようなタイプもお勧めです。

女性用バイアグラ(ラブグラ)

女性用バイアグラ(ラブグラ)

女性にバイアグラは効果があるのか?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、女性には海綿体がないため、服用しても効果がありません。ただし血流をよくする作用があるため、その事により感度がよくなるというケースはあるようです。ですが、あくまでも男性用のお薬で、重い副作用があらわれてしまう危険もありますので女性の服用は控えましょう。

女性でも不感症、性交痛などの悩む方は多いと言われています。そんな女性には、女性用のバイアグラがお勧めです。ウーメラが有名ですが、ウーメラのジェネリックのラブグラが人気になっています。感度がよくなり、濡れやすくなると言われています。

また、男性にEDを改善してほしいと願いながらも服用を拒まれている女性は、女性自身も一緒にラブグラを服用する事で、男性も服用に抵抗がなくなる可能性もあります。なお、特に不感症などではなくても、いつもと違う刺激で楽しみたいという方にもお勧めです。

ED治療薬のジェネリック

EDの症状・原因・治療方法