バリフの効果・副作用

バリフの効果・副作用

バリフとは、レビトラジェネリックです。有効成分や効果は同じですが、レビトラの9割引きで販売されていて、ED治療薬の中でも最安値と言えます。何よりも安いものがいい方には大変お勧めです。

バリフの種類

バリフには、錠剤だけでなく、ゼリータイプがあります。水なしで服用する事ができ、個包装になっているので持ち運びにも便利です。急にホテル…となった場合、水道水で飲む事に抵抗がある方は、服用するための水を用意するのが困難である場合もあります。ゼリーならそのような心配もなく、いつでもどこでもすぐに服用する事ができます。

ストロベリー、オレンジ、パイナップル、バナナ、バタースコッチ、ミント、ブラックカラントの7つの味が楽しめるので、錠剤が飲み難い方にもお勧めです。また、ゼリー状なので錠剤よりもさらに即効性があり、最短で10分程度で効果が現れる方が多いとされています。これはED治療薬の中でも最短レベルです。即効性がほしい方にはお勧めです。

バリフの効果・副作用

ただしゼリータイプは20mgのみです。日本人は10mgが推奨されていますので、最初は半分か4分の1から服用しましょう。公式では1度で飲みきるようにと言われていますが、なるべくしっかり封をすれば保存もできるようです。ただしその場合は、残りの分も早く飲みきるようにしましょう。

バリフの効果

バリフの効果はレビトラと同様です。早い場合は15分で効果があり、食事の影響も受けにくく、バイアグラなどと比較すると副作用も少ないとされています。持続時間は8時間前後です。バリフがあればいつでもすぐに対応できます。常に持っておけば心強い味方になってくれます。

なお、糖尿病の方は8割はEDを発症するとされていますが、糖尿病ではバイアグラが効かないケースも多いとされています。ところがバリフなら効果があったという声も多いので、糖尿病でバイアグラが効かなかったという方は、バリフがお勧めです。

バリフの副作用

バリフの副作用

副作用もレビトラ同様です。顔の火照り、動悸、鼻づまり、目の充血、頭痛などです。効果が切れれば治まりますが、ひどい場合は医師に相談しましょう。なお、グレープフルーツなどと一緒に服用すると副作用が強く現れる危険があるので控えましょう。

バリフの飲み方

バリフは30分前に、水やぬるま湯で服用します。1回の服用は1錠までです。次に服用する場合は1日経ってからにしましょう。食後に服用しても影響は少ないとされていますが、脂質の多い食事は控えましょう。お酒も適量であれば問題ないとされています。ですが、空腹時の方が効果は高く即効性もありますので、効果を得たい方は空腹時に服用しましょう。なおバリフも20mgのみです。初めて服用する方は半分か4分の1から服用するのがお勧めです。

ED治療薬のジェネリック

EDの症状・原因・治療方法